LIFE

R-1ヨーグルを簡単に量産する方法

2020年1月28日

ヨーグルトメーカの「i-WANO」を使ってR-1ヨーグルトを量産する方法を説明していきます。

R-1ヨーグルを簡単に量産する方法

必要なモノ

  • ヨーグルトメーカー 私は楽天で購入したi-WANOヨーグルトメーカを使用しています。
  • スプーン ヨーグルーグルトメーカーを購入するとスプーンが付属されてきますが、私はセリアで購入したスプーンを使用しています。先端が丸くないので最後までヨーグルトが掬いやすいです。
  • R-1ヨーグルト 固形タイプで量産する事もができますが、今回は初心者でも作りやすい様に、ドリンクタイプで説明をします。
  • 未開封の1リットル生乳100%成分無調整牛乳
  • ガラスコップ 次回量産時に使用するヨーグルトを保存するために使用します、小瓶でも大丈夫です。

作り方

step
1
常温の牛乳を用意する


・冷蔵庫から取り出したばかりの牛乳であれば電子レンジ(600wで2‐3分)で温める。

step
2
牛乳パックの中にそのままR-1ヨーグルトを投入すると牛乳が溢れてしまうので、コップ一杯分程度抜いて下さい


step
3
牛乳パックの中にR-1ヨーグルト(112ml)を入れる


02_Yogurt

step
4
牛乳パックの蓋を手で閉じて混ぜる


・こぼれる可能性があるので蓋をしっかり押さえて振ってください。気を付けて、パックを上下に数回するのも良いです。

step
5
温度と時間を設定して「切/入」ボタンを押す


03_Yogurt
・大体7時間~8時間の設定が一般的で時間を長くするほど、かたく、酸味がでます。
・私のおすすめ設定は43度の7時間です。
・7時間後に完成です。

step
6
完成したら、次回量産時に使用する為のヨーグルトをよける


07_Yogurt
・スプーンとガラスコップを熱湯消毒して下さい、(私は30秒ほど熱消毒しています)説明書にも明確な記載はないのでお好みで。
・熱湯消毒済みの乾いたスプーンとコップで90g程よけ、冷蔵庫に保存して下さい。
・完成直後はヨーグルトが緩く感じるかもしれませんが、冷蔵庫に入れて冷やしておくと、また固まっていきます。

終わりに

以上が、R-1ヨーグルを簡単に量産する方法となります。
この工程で3、4回程R-1 ヨーグルトを量産出来ると思います。
また、なるべく納豆の近くでは保管しないことをお勧めします。
納豆菌は大変強く、ヨーグルトの菌が負けてしまうことがあります。

-LIFE

Copyright© Yステ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.